亜熱帯の原生林の広がる西表島で、大自然に触れよう!

アクセスが便利な西表島!

西表島は、石垣島から高速艇でわずか40分の所です。中継点となる石垣島には、沖縄本島の那覇空港からだけではなく、東京や大阪からの直行便もあります。

亜熱帯の原生林で覆われた西表島!

1月でも平均気温が18℃もある西表島は、島のほとんどが亜熱帯の自然林で覆われています。マラリアの発生地であったことにより開発が遅れ、結果として豊かな自然が残っています。現在ではマラリアも撲滅され、離島の観光地として脚光を浴びつつあります。

仲間川クルーズを楽しもう!

仲間川はマングローブの流域面積が日本一です。石垣島からの高速船が到着する大原港から仲間川の遊覧船がでており、満潮時には日本最大の「サキシマスオウノキ」を見学できるコースもあります。マングローブ林を眺めながら、南国のさわやかな風を肌に受けると、都会の雑踏を忘れて癒されること請け合いですね。

由布島に水牛車で渡ろう!

周囲2kmの由布島は、海流によって堆積した砂だけでできた小さな島です。台湾から移入された水牛が繁殖し、現在では重要な観光資源の水牛車をひいています。水牛の家系図をプリントしたタオルがお土産用に売られていますよ。ガイドの弾く三線を聴きながら、南国のゆったり流れる時間にひたってください。島全体が花々の咲き乱れる亜熱帯植物園のようで、リュウキュウイノシシなどの動物や日本最大の「オオゴマダラ」などの蝶を見ることもできます。

海水浴にももってこいの西表島!

西表島の海は波が穏やかで透明度も高いので、海水浴にも最適です。海に入れば、サンゴ礁の中を遊泳する色鮮やかな熱帯魚に目を奪われることでしょう。ダイビングやシュノーケリングも良いですし、お子さんと一緒に星砂の浜で星砂を集めるのもおススメです。

「東洋のガラパゴス」とも言われる西表島のツアーでトレッキングすると、イリオモテヤマネコなどの珍しい動植物を見たり、落差55mもあるビナイサーラの滝の上からエメラルドグリーンの海を眺められます。