車検などの車関係のお金を安くして得をしよう!

ユーザー車検は安いけど注意が必要

車検を自動車ディーラーなどで受けたら法定費用だけでなく、作業工賃がかかるためかなり高額な出費を覚悟しなければいけません。ただしお店ではなく、国土交通省が運営している車検場で受けると基本的には法定費用のみで済みます。そのため自動車ディーラーで車検を受けるよりもかなりリーズナブルな費用で済む場合がほとんどです。ただしユーザー車検には落とし穴があり、車検の必須事項にトラブルがあるとその部分のみ自動車ディーラーなどで再整備する必要があり、逆に高くなる可能性もあるので注意が必要ですよ。

日頃の点検が大切です。

車検を安くするには普段の整備が大切になります。オイル交換やオイルフィルター交換を行うとエンジンに負担がかからないので、車検代が安くなるのはもちろんですが、タイヤローテーションをするとタイヤの寿命が伸びるので結果的に車検代がリーズナブルになります。その他でも定期的にタイヤに付いているブーツ類を点検していると早期に交換する事ができるので、整備費用が格安になりますよ。

メーカーはポイントが付いたりオイル交換が安くなる。

自動車ディーラーだと傘下にクレジットカード会社がある場合もあります。車検代をクレジットカード会社の支払いにすると、車検代が割引になったり、クレジットカード会社の特別ポイントが付与される可能性もあります。車検後のメンテナンスやオイル交換がサービスとなる自動車ディーラーもあり、そのようなサービスを利用すると、結果的に自動車関連のお金が安くなる場合もありますよ。

エネオスで車検の特徴はプランが豊富と言う点にあります。様々なプランから自身に最適なプランが選べます。