どうして車検はそんなに高い?安く済ませる方法は?

車検には削れない費用がある

車検は一度受けると10万円以上かかってしまうこともあり、なるべく安くしたいと考える人が多いのではないでしょうか。車検の費用は大きく分けて「法定費用」と「諸費用」に分けることができます。

法定費用は自動車重量税や自賠責保険、印紙代などで車種などによって厳密に定められているものとなります。すべての車が車検を行う時には必要な費用になり、法定費用は安くすることは出来ません。それに対して諸費用は車検を依頼した業者の儲けの部分になり、車検代行料や検査の手数料となります。車検の費用が安い業者は、この諸費用の部分にかかる金額が少ないということになります。

どこで車検を受ければいいの?

車検はディーラーや車検専門店、町の修理工場など多くの場所で行うことができるものです。これらの業者はそれぞれ車検の費用の中の諸費用の違いがあることから、車検にかかる費用が大きく違ってきます。

車検を受けるときに価格が高いといわれているのがディーラーです。車検に通すためだけではなく、安全に次の車検まで車を維持していくことができるような点検整備を行ってくれるため、諸費用の部分が多くなってしまいます。それに対して車検専門店や町の修理工場などではディーラーほどきっちりとした点検を行っていないケースもあります。特に車検が1時間程度で終わるようなものの場合、車検に通るレベルの状態であれば細かい点検整備を行わないこともありますので、車検を通してすぐに車に不具合が出てしまう可能性もゼロではありません。

車検を軽自動車と普通車で比較すると、車検代は、軽自動車は5万円、小型乗用車は6万円、中型乗用車が7万円、大型乗用車は8万円程度になります。車検価格の違いの要因は主に重量税の違いによるものです。