サックスは定期的にメンテナンスをしなければならない?

サックスをメンテナンスしなければならない理由

サックスは息を吹きかけて音を鳴らす有名な楽器です。どちらかというと目立ちやすい音色なので、演奏者からだけでなく、音楽を普段から聞いている方からも人気があります。ジャズ調の音楽で多用される事が多く、最も目立つメロディを演奏する場合もあります。しかしサックスは良い音を鳴らせる分、メンテナンスも怠らないようにしなければなりません。サックスにはコルク、フェルト、タンポ等の様々なパーツが音を綺麗に鳴らせるように取り付けられています。しかしこれ等のパーツは劣化が早く、演奏する度に負担がかかるせいでメンテナンスをしないとすぐに壊れてしまいます。パーツが一つでも使えなくなると正常に音を出せなくなる他、音自体を鳴らせなくなる場合もあります。

サックスのメンテナンスするべき点について

コルクとフェルトと呼ばれているパーツはクッションとしての役割を果たしています。負担を和らげてくれる効果があるので、当然負担がかなりかかる部分にもなります。コルクとフェルトはクッション以外にも音を正確に出す為の機能が備わっているので、少しでも位置がずれると音も少しずつ綺麗に出せなくなっていきます。また、タンポというパーツは消耗していくと交換しなければならないので本番で演奏をする時には必ずチェックしなければなりません。これ等の三つの点を確認するには分解をする事になりますが、ある程度知識も必要になります。調べるのは少し大変ですが、自分で調べて置けば何時でもメンテナンス出来るだけでなく、どういった風に音が鳴っているのか仕組みも理解出来るので一度調べてみる事も大切です。

サックスはジャズや吹奏楽でよく使われる楽器です。ピカピカの金属の部分が目立つので金管楽器と思われがちですが、リードの部分が木なので、木管楽器に分類されます。