実店舗で買うのと少し違う!?ネットショップで購入する自転車の特徴

パーツが完全に組まれていない状態で届くことも

自転車はインターネットショップでも購入することができます。たとえば、自転車専門店が運営しているネットショップだったり、あるいは家電量販店の中にもネットの店舗で自転車を販売していることがあります。では、インターネットで自転車を購入する場合のポイントにはどのようなものがあるでしょうか。

まず、インターネットで販売されている自転車の特徴として、仮組みの状態で届く可能性があることが挙げられます。ねじがしっかりと固定されていないので、購入者が自分でねじやボルトを締めないといけません。なぜそういった中途半端な状態で届けられることがあるのかというと、すべての部品を完全に固定すると発送時の梱包が難しくなるからです。仮組みにしておけば、通常よりもハンドルなどを大きく曲げて収納することができるので、コンパクトにして運ぶことができます。

防犯登録はネットショップがある場所の警察で行われる

次に、防犯登録を行う場合、インターネットショップを運営している会社の所在地で届けを行うため、防犯登録シールに購入者が住んでいるところとまったく違うところにある警察の名前が入ることがあります。なので、自転車に乗っていて警察に職務質問を受けたとき、「なぜこんなに遠くの警察に届けを出した?」と聞かれるかもしれません。もちろん、名義はきちんと購入者の名前になっているはずなので問題ありませんが、警察に聞かれたら、ネットで買ったのでそうなったと答えるといいでしょう。

ネットショップでは防犯登録をせず、自転車が届いたら地元のショップへ行って登録を行うという手もありますが、防犯登録のみ受けつけている自転車ショップはあまりないので、ネットショップでの購入時に同時に登録した方が無難です。

名古屋の自転車のショップを探す場合には、商品ラインナップが多いことや、アフターサービスが完備している点に注目するべきです。