指定工場と認定工場なにが違うの?違いを理解して車検費用を安くしよう!

車検に出す場合には指定工場と認定工場があります

自動車に乗っている人は必ず車検を受ける必要がありますが、車検を受ける場合には指定工場と認定工場があり、一般の人には区別がつかないでしょう。しかし、指定工場と認定工場には違いがあり、車検の方法も異なります。指定工場と認定工場の違いを理解することによって車検の費用を安くすることが可能になっているため、自動車に乗っている人は必ず指定工場と認定工場の違いを理解する必要があるでしょう。

指定工場と認定工場の大きな違い

指定工場は自社で点検や整備だけではなくて整備工場を持っており、自社で検査をして陸運局と同様に車検に通すことが可能です。そのため、陸運局と同様の車検ラインを完備している特徴があります。自社で車検に通すことが可能なために他の車検場よりも安く済ませることができ、多くの人が利用をしています。

認定工場は自社で点検や整備をするために整備工場を持っていますが、自社で車検に通すことはできません。そのために、認定工場は自社で点検や整備をして陸運局へ車両を持ち込んで車検に通しています。陸運局へ持ち込むと人件費がかかるために多少費用が高くなる傾向があります。

つまり、指定工場と認定工場の大きな違いは、自社に車検場を持っているかどうかで変わってきます。整備に関する技術は各工場によって差が出るために少しでも心配がある場合にはディーラー車検が良いでしょう。

指定工場や認定工場にはメーカーの整備士が在籍していませんが、ディーラーにはメーカーの整備士が在籍しています。

車検の料金の相場は、車種や依頼先の仲介手数料などに左右されますが、費用を最小限に抑えるために、馴染みの業者とコンタクトを取ることが良いでしょう。